通知エリア

【体質の基礎知識】これだけは知っておきたい!体質別おすすめ調整術♪

簡単デトックス!アーユルヴェディックな毎日♪
ココろん
ココろん

こんにちは!ココろんです。今回はみなさんも、よく聞く「体質」のお話です。

キヨピ
キヨピ

体質かぁ~、前回の話だと「生まれもった体質」があるんだよね?

ココろん
ココろん

そう!体質は3つのドーシャのバランスによって決まるんだよ。

ケイピ
ケイピ

ボクが太っちょさんなのも体質だから?

ココろん
ココろん

それはね・・・

ケイピ
ケイピ

スイッチおしたね・・・

キヨピ
キヨピ

ほっといて、先に進もう…

そもそも、体質って何?

 

活発で明るい人、物静かでおっとり屋さん、飽きっぽい人、いくら食べても太らない人、食べてなくても痩せにくい人、軟便傾向の人、便秘症の人など例を挙げればきりがないほど、人には持って生まれた心や体に特定の傾向があります。

アーユルヴェーダではそれを体質と呼び、ある一定のルールに従って10通りに分類します。

体質は一生涯その方の考え方や感じ方の基本となったり、肉体的の傾向を決める大切な要素となります。

例えば、私が同じ質問を、体質の違う3人の方にするとします。

ココろん
ココろん

海に行ったら、まず何をしますか?

Aさん
Aさん

潮風にあたり、波の音を聞きます

Bさん
Bさん

海水浴です。水平線を眺めるのも好きです

Cさん
Cさん

磯の香りを嗅ぎながら、浜辺を散歩します

Aさんは聴覚と触覚が優れているので音と風を感じ、Bさんは視覚が優れているので景色に注意が向き、Cさんは嗅覚が優れているので匂いが気になります。

このように体質とは、個人が毎日を生きる基本となり、何に喜びを感じ、何をどうすれば楽しくなるのかは、人それぞれということです。

なにが体質を決める?

体質は3つの要素によって決まります。アーユルヴェーダではそれをドーシャと呼んでいます。

ドーシャとは…

宇宙は5つの元素、風・火・水・地・空のエネルギーで構成されています。小宇宙である、人体内も5元素のエネルギーの調和を保つことで、健康を維持しています。地は水と火のエネルギーに属し、空は風のエネルギーに属するので、からだに備わるエネルギーの性質はヴァータ(風)ピッタ(火)カパ(水)となります。この3つのエネルギーの性質をドーシャと呼びます

ヴァータ(風)ピッタ(火)カパ(水)
空を風の元素から
なっていますが、
風のエネルギー
して運動を司って
います。風は物を
動かすので、体内
では、運動や運搬
伝達、異化作用

どを担っています





火と水の元素から
なっていますが主
火のエネルギー
として物を燃やし
て変換させる作用
があります。
体内では胃腸での
消化、燃焼、代謝

を担っています





水と地の元素からな
りますが、主に水の
エネルギー
として物
をくっつける働きが
あります体内では
造の維持、免疫機能
水分代謝、同化作用

などを担っています






体質チェックをした結果で、「自分はこの体質で決まり!」ということではありません。自身の気付きが高まれば、体質はまた異なってきます。今ある体質が、本来の体質ではない場合が、ほとんどです。体質に合わない生活習慣の積み重ねで、毒素(アーマ)の溜まったからだはニセの体質となり、本来なら感じるはずの幸福感をくもらせ、否定的で批判することで自尊心を保つといった、縛られた思考に陥ります。

大切なことは、自身で自分の体質や体調を、見極め整える術を身に付けることです。

朝起きて、鏡をみて自分の状態を観察し、3つのドーシャバランスの傾きを捉え、朝食は控えるべきか、白湯を飲むべきか、昼食はスパイシーなものがよいか、テレビの音量は小さめにしたほうがいいか、、、そういった、少しの心がけで、日々のドーシャバランスは整えられるのです。

アーユルヴェディックな生活は自己を観察し、その時折に応じた、食べ物や運動などを取り入れ、本来の自分の心地よいペースで生きるということ。

そのアイテムが多いほど、人生の楽しみは違ってくるでしょう。

今の体質の傾向をチェックしよう!

チェック項目ヴァータ(風)ピッタ(火)カパ(水)
①体型痩せ型中肉太り気味
②肉付き・身長小さいまたは
細くてのっぽ
中背がっちり、肥満
しやすい
③皮膚乾燥気味、シミが多い発疹しやすい、ほくろが多いしっとり白い、きめが細かい
④毛髪乾燥している、白髪が多い細くて薄い、毛髪が少ない艶やかで豊富
⑤顔つきのっぺり顔、とがった細長い鼻知的で鋭い目つきをしている顎が発達している、四角い顔
⑥性格不安定になりやすい、
気分が変動しやすい
怒りっぽい、細かい安定している、慈悲深い
⑦体温低い、冷え性気味高い、汗っかき低い
⑧便通便秘気味便通がよい、下痢を
することがある
普通の便通、たまに便秘
⑨話し方早口批判的な言い方おっとりとした口調
⑩睡眠不眠傾向、浅い眠り長くはないが健やかどこでも長く眠れる

チェックの多かったドーシャが、今の体質の傾向です。

「これが私の体質で決まり!」ではなく、あくまでも今ある体質の傾向で、そのドーシャの乱れに影響されやすく、そのドーシャの患いが出やすい。目安のようなものです。

そして、チェックの割合でも、体質がわかれます。同じくらいのチェック数だった場合は、混合体質です。

 

単ドーシャタイプ

ヴァータタイプ
  • 変化しやすい思考、心配したり不安になりやすい
  • 熱中しやすく飽きやすい
  • 不安定になりやすい感情
  • からだが冷えやすく寒い天候を嫌う
  • 寝付きが悪く眠りが浅い
  • 行動が素早い、関節がボキボキ鳴る
  • 肌が乾燥しやすく血管が浮き出ている
  • 体力が低くすぐに疲れる、痩せ型、便秘がち
ピッタタイプ
  • 知的で分析的な思考、勇敢で努力を惜しまない傾向
  • 批判的になりやすい
  • 集中力が強く邪魔をされると苛立ちやすい
  • 暑い天候を嫌う、からだは温かい
  • ほくろやそばかすができやすい
  • 赤ら顔、汗をかきやすい、皮膚は薄く赤みがある
  • 食事を抜けない、軟便傾向、中肉中背
カパタイプ
  • 落ち着いた穏やかな気質、愛情深い
  • 新しいことを覚えるのが遅い
  • 1度覚えたことはなかなか忘れない
  • ゆっくりな行動、体力や持久力に優れている
  • 冷たく脂っぽい肌、空腹感は少なく消化は遅い
  • 太くて多い髪、がっしりとした体格
  • 太りやすい、深くて長い睡眠

2つのドーシャをの特徴を併せ持つ、混合体質の特徴

ヴァータ・ピッタタイプ

ヴァータタイプの方よりも、多くの情報を正確に扱うことを得意とします。しかし、カパの安定の質がないので、活動が過度になりやすく、忙しくなると苛立ちやすく、過食の傾向があります。体格はやや痩せ型で、体力は低めか中くらいです。

ピッタ・ヴァータタイプ

ピッタタイプの方よりも、全体の動きに速さがありますが、ヴァータタイプのように飽きっぽいことはなく、不安定になりません。体格はやや痩せ型で、体力は中程度です。

ピッタ・カパタイプ

ピッタタイプよりも動きはゆっくりですが、より安定します。鋭く知的でいながら落ち着いた雰囲気を持っています。体格は筋肉質でややがっしりしており、体力は比較的高いです。

カパ・ピッタタイプ

カパタイプの穏やかさや安定に、勇敢さや知性が加わります。困難を乗り越える強さに支えられた粘り強さが特徴です。体格はがっしりとしており、体力は高いです。

ヴァータ・カパタイプ

早口ですが、話が乱れたりせず、どこか落ち着いた感じがあります。行動に移すまでに時間がかかることがありますが、一度決めると迅速な行動を取ります。体格はやや痩せ型ですが、ふっくらとした印象を与え、体力は比較的高いです。

カパ・ヴァータタイプ

通常は穏やかで落ち着いていますが、ときに素早いこともあります。変化を好みますが、決して不安定にはなりません。体格はふっくらしており、あまり筋肉質ではありません。体格力は高いです。

3つのドーシャ混合体質

ヴァータ・ピッタ・カパタイプ

思考や活動は速く、正確でしかも安定しており、持久力もあります。体格は中肉中背で、体力は高いです。

ココろん
ココろん

ずらっと10通りにわかれます。ちなみに私のニセの体質は「ピッタ・カパタイプ」でした。なんども変容を重ね、本当の体質は「ヴァータ・ピッタ・カパタイプ」と分かり、現在は体質らしい生活を送ることで、心身ともにハッピーです♪

 

それぞれのドーシャが乱れたときに、細胞はわかりやすい形で、私たちに伝えてくれます。それは決して快適なものではなく、むしろ不快なものばかりです。

そのサインをしっかり捉えて、乱れを小まめに整えることで、心身に『ゆとり』が生まれます。私はこの『ゆとり』こそが、空のエネルギーの概念だと思います。

キヨピ
キヨピ

ママが忙しいくてイライラするときは、いっぱいいっぱいで『空』がなくなるからだね。。。

ココろん
ココろん

・・・うっ・・

通常、ドーシャが乱れているといった場合は、ドーシャが上がっていることを、意味します。もちろん、ドーシャが下がることもありますが、その原因として一番多いのは、他のドーシャが上がることです。

ドーシャの乱れは空のエネルギー不足になり、『ゆとり』という、こころを優しく包み込む、柔らかな風を感じる事ができなくなります。

カラダとこころの動きを、助けてくれるのが、お花のパワーです♪

毎日、お花のある生活は、こころの潤いを取り戻す=空(ゆとり)エネルギーを補うです♪

 

 

乱れた体質で整え方がわかる!ドーシャ別調整術

ヴァータを乱す精神状態

  1. 不安、心配事が常にある
  2. 強い恐怖心に遭遇する
  3. 常に緊張している
  4. 深い悲しみを体験する
  5. 落ち着きがない
  6. たくさんの出来事に振り回される
  7. 感情の起伏の激しさ
調整術
  • 就寝時間を、今よりも少しだけ早めましょう
  • 冷たい飲み物を控え、温かい飲み物を飲みます
  • 太白ごま油で、おでこと足のオイルマッサージをします
  • 朝食に、一晩水に浸したドライイチジクを数個食べます
  • 食後はイスで10分程度の休息をとります
  • 一度にあまりに多くの活動を掛け持ちしないようにします
  • 部屋に観葉植物を置きます

ピッタを乱す精神状態

  1. 焦り、イライラ、怒りを誘発しやすい状態にいる
  2. 焦り、イライラ、起こりを抑圧する
  3. 過度の集中力
  4. 欲求を抑圧する
  5. 急激な感情の表出
  6. 知的作業に追われ、物事を批判的に思考する
  7. 欲しいものが手に入らない、望んだ状態にならないなどによって生じる不満足感や空虚感
調整術
  • 集中できなければ、いったん中止する
  • 月光浴をする
  • 細かいことはこだわらない
  • 夕食は薄味にする
  • よく笑う
  • 目を冷やす
  • 甘い香りの生花を活けます

カパを乱す精神状態

  1. 内向的な反応
  2. 自己の過小評価
  3. 同じ思考の繰り返し
  4. 執着、貪欲
  5. 寛容ではない
  6. 体重の増加を気にしている
調整術
  • 起床時間を少し早める
  • 朝シャワーを浴びる
  • 部屋の空気を入れ換える
  • 夕食は8時までに済ませる
  • 半身浴をする
  • 起床後、白湯を飲む
  • 残り物、乳製品を食べない
ココろん
ココろん

ドーシャで体質の乱れを見わけるのが難しい方は、今の精神状態と照らし合わせて、それぞれの調整術を3日続けてみてくださいね!

 

お花のある生活が、一番のドーシャの乱れを整える方法かも!

大切な人にも、届けてあげたい。優しく柔らかなゆとりの風を♪

 

まとめ

  • 体質は一生涯その方の考え方や感じ方の基本となったり、肉体的な傾向を決める大切な要素になる
  • アーユルヴェーダではドーシャ(エネルギーの性質)のもつ傾向を体質と呼び、ある一定のルールに従って10通りに分類される
  • ドーシャはヴァータ(風)・ピッタ(火)・カパ(水)の3つの性質がある
  • 「自分の体質はこれ!」という考え方を見直した方がよい
  • ドーシャの傾向性を知ることで、自身で自分の体質や体調を、見極め整える術を身に付けることができる

 

ドーシャの乱れを早期的に整える術を知り、小まめに調整することで、本当の体質がわかり、体質らしい心地よいライフスタイルがプログラムできます。

体質の基礎知識がわかれば、不快な症状もドーシャの乱れで起きている、カラダからのサインだと気付きます。

自分の身体なのに、お医者さん任せにしていませんか?

カラダの基本を知れば、もしも病気で受診したときでも、細かい症状をお医者さんに伝えられ、的確な検査に繋がり、診断も正確さを増すことでしょう。

ココろん
ココろん

自分を知るって、本当は自分が何がしたいか?も分かるんです

最後まで、ご拝読いただき、ありがとうございます!

自由な『私』になる、きっかけ作りになれば、幸いです♪

 ~追記~

3つのドーシャだけに、目がいきがちですが、私は『空』・『地』のエネルギに、とても大切な考えが含まれていると感じています。

『地』と繋がることと、『家族愛』は重なります。

『空』を感じることと、『心のゆとり』は似ています。

どちらも、人生にとって、大切な考えが詰まっています。

ココろん
ココろん

私は自分と母に、毎週お花のパワーを届けよう♪

 

『ありがとう』言葉のパワーもドーシャを整えます♪

大切な人に毎週届きますように♡

蓮村誠(2011).アーユルヴェーダ式2週間毒出し生活

タイトルとURLをコピーしました