アトピーって現代病?

アトピーって現代病らしいの、知ってた?

現代病といわれるものは、どれだけあるんだろう?

そう思って、ググってみたら、ストレス性のものだけでも、燃え尽き症候群、無気力症、テクノストレス症候群?(なにコレ?)、不眠症、自律神経失調症、キッチンドランカー(現代病なのね!)、引きこもり、うつ病、、、色々、でてきたけど、テクノストレス症候群についても調べたわ。

所謂、コンピューターや時代のテクノロジーに対する『あがき』が精神ストレスになって、肉体に影響を与えるようね。

一つ一つ、病名が付いてるから、別物に感じるけど、結局『あがき』が原因よね。

了解!ほんと、大変な世の中だわ。

私は、19歳の時に精神的な『あがき』が、「手湿疹」として症状に出てきたの。

当時は強めの洗剤(コンパクトサイズ)が流行りだしてたから、初めての皮膚科での診断は、「洗剤アレルギー」だった。

処方される薬は、ステロイド剤なんだけど、治るどころか、気休めにもならず、全身に広がっていったわ。

私の最初の失敗、、、ここで、ステロイド剤は「効果なし」と細胞にインプットさせてしまったのね。

それから30年余り、私と湿疹との攻防が始まった。。。

はじめの10年ほどは、病院を転々としていたわね。

だって、身体のことなんて、ちっとも知らないし、お医者さんが治してくれるって思ってたから、仕方ないじゃない?

あそこの皮膚科がいい!って聞けば、すぐ行ってた。皮膚の問題じゃないと思って、内科に行ったり、、、

とにかく、色々よ。

一旦、症状を緩和させるために、身体に良くない薬を飲んで(3日間以上、飲んじゃダメ!って怖くない?)一気に湿疹が無くなったのに驚いたけど、1週間ですぐ、再発したのに、もっと驚愕したわ。

その時は、とても辛かったかな、、、だって、自分の身体なのに、敵のような存在に感じるのよ。

寝ても覚めても、苦しめる存在が皮膚に出ていて、心に影を落とすの。

1分1秒もその痛みや痒みから逃れられない。

自分が嫌いになっちゃう。

ホント、悲しく辛い時期だった。

でもね、それまでの経緯そのもの事態、症状が改善しない原因だったの。

今なら、よくわかる。

なぜかって?私ね、それから、色んな治療法を学んだの。

整体術に始まり、東洋医学やアーユルヴェーダ、アロマに薬膳等々、そのうち、氣エネルギー療法を手技にするまでになっちゃった。

氣エネルギー???てなってる?

そうよね、一般の人には、目に見えない粒子より小さな量子の世界の話になるから、頭の中???になっても当然。

だけどね、この目に見えないエネルギー面の影響で、皮膚表面の防衛システムが、うまく機能されてないと起こる湿疹のタイプがあるの。

それがアトピーと言われるものだと、私は捉えてる。

手湿疹から始まった私の湿疹は、肉体の毒を出す対処法で、完全に無くなったのだけれど、そのあと、氣エネルギーを扱うようになって、今までとは異なる、湿疹のタイプに様変わりしたの。

私は誰よりも、多くの湿疹のタイプを経験していると豪語できるわ!

色んな対処法を研究するとね、一つの対処法に肩入れしてしまう時に、症状が長引いたり、悪化したりするのがわかる。これが正しい!間違ってない!って、身体の声を聞かずに、対処法をやり通そうとしてしまうの。

勿論、信じなきゃ始まんないし、効果もないわ。

でも、その対処法に縛られてしまうと、心身のバランスを崩す原因になるの。

例えば、ステロイド剤が絶対的な原因だと思い過ぎたり、体質に合わない毒出し法を過度に行ったり、、、。

きっと、この経験がある人は完治しきれてないんじゃない?

もしくは、症状を抑えられてはいるものの、色んな制限の中、過ごしていたりしてない?

制限の中、薬を使わずに、抑えられてる人は、本当に闘ってきたってことよね。

心から尊敬するわ。

現在も湿疹で悩んでいる人は、自分の湿疹を観察してみてちょうだい。

左右対称に出てない?

湿疹がひろがり過ぎて、よくわからない人もいるかもしれないわね。

そこまで広がったとしても、原因がわかれば、心強くなるでしょう?

今まで、治らなかったのは、量子レベルの目には見えないエネルギー面の「こじれ」だったから。

そう思って、宇宙や地球のエネルギー変動、気象状況や人の氣エネルギーが与える影響とかね、知ってもらえると嬉しいな。

そして、自分の治癒する力を信じて欲しい。

氣エネルギー(生命プラーナ)の存在を知る事で、生きるスキルが飛躍的にアップするわ。

呼吸で皮膚を強くさせ、外邪から身を守るコツと、信じる力を養ってね。

全国どこからでもご相談!詳しくは

↓↓↓

氣清流バランス*オンラインカウンセリング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。