【春アトピー】患部の場所でわかる思考の傾向性って?

サロンで薬膳茶♡ほっこりアフターカウンセリング♪

季節変わりの湿疹の報告が、あちらこちらから届いてるわ。

「春アトピー」ね。(勝手に名付けてるわ 笑)

出現する場所が、氣滞しやすい場所。

「思考の傾向性」が見えてくるわ。

顔や腕、手にでる人は、「焦り・独りよがり」

胸から下腹部にでる人は、「迷い・自意識不足」

腰から足にでる人は、「自己顕示欲」

*あくまでも、私データよ!気にしないでね♡

一括りにすると、『あがき』なんだけどね。

この『あがき』、みんな嫌うのよね。

蓋をしちゃうの。

人のは、見えるんだけどね~、、、

自分のは、見たくないのよね。。。

でも、

カラダは正直だから、症状で出てくる。

だって、

治せるのは本人だから、気付いて欲しいの。。。

『あがき』を手放す過程で、幸せのレシピって見つかるのね。

ココロとカラダ、そしてスピリットは連携して、何が、今、必要なのか、いつも伝えてるわ。

何はともあれ、

症状が出てる方にとっては、辛い状況よね。

毎回、言うけど、「呼吸」が大事!

しっかり、『清氣』を取り入れて、皮膚表面のバリア機能を復活させてね。

『清氣』を細胞の隅々まで送って、患部を優しく撫でたり、タッチングすると、皮膚表面がスベスベしてくるのね。

それが、『清氣』からできた『衛気』よ。

皮膚表面の防衛とエネルギーフィールド(半径1M位にある円形の膜)として、守ってくれるわ。

季節の移り変わりは、外邪も侵入しやすいから、気を付けてね。

全国どこからでもご相談!詳しくは

↓↓↓

氣清流バランス*オンラインカウンセリング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。